フランス料理のマナー豆知識講座!ナイフとフォーク編

コラム

みなさんこんにちは!

 

大橋駅近くにあるフランス料理のお店!

【ランデブー】です。

 

前回紹介したフランス料理のテーブルマナーについての続編です!

なんども繰り返しになりますが、当店はお客様にフランス料理を楽しんでいただきたいという思いがございます!

テーブルマナーについてそこまで気にせずにご来店ください!

 

今回ご紹介するテーブルマナーはナイフとフォークについてです。

フランス料理と聞くとフォークとナイフがいくつも並べられていて「ウワァー」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

実は、あの多くの種類があるナイフとフォークは「魚用」「肉用」「オードブル用」「デザート用」など用途によって別れているのです。

基本的には、たくさん並んでいるナイフとフォークも「外側」から順に使用していけば問題ありません。

もし間違えて使用していてもスタッフの方が変わりの新しいものを持ってきてくれることがほとんどです。

 

ナイフやフォークを一緒に並べておいてしまうと「ごちそうさま」という意味になります。

そこで、食事の途中で離席する場合はナイフとフォークを「ハの字」に置くようにしましょう。

このときナイフの刃は内側を向けておくと良いです!

 

一度、こういう情報を知っておくとフランス料理を食べるのに意気込むことが少なくなるのではないでしょうか。

皆様のご来店をお待ちしております!

関連記事一覧