フランス料理の歴史とコース料理!福岡市のランデブー

コラム

みなさんこんにちは!

福岡市にあるフランス料理店【ランデブー】です!

 

当店はフランス料理を皆様へ気軽に食べていただきたいと思っております。

そこで、今回はフランス料理を身近に感じていただけるようなお話をしたいと思います。

 

フランス料理ってコースになっていますよね。

フレンチは16世紀にフランス王国の宮廷料理として発達したものです。

日本でいうと、琉球料理がこれに当たりますかね?

19世紀になって、フランス人シェフがロシアで料理を提供するときに料理が冷めないように少しずつ料理を提供した頃から今のフレンチ料理のコースの形態になったといわれています。

 

フレンチ料理は基本的に前菜・スープ・パン・魚料理・氷菓子・肉料理・チーズ料理・デザートが出てきます。

サラダを料理の最初に提供するのは、血液のバランスを取るためです。

氷菓子は魚料理のお口直しの役割を果たしています。

基本的にバニラのように甘さがきついものではなく、柑橘系のシャーベットが出てくることが多いです。

フルコースのメイン料理は肉のことが多いですね。

これは、がっつり食べたい方にお勧めできるのではないでしょうか。

フルコースの最後はチーズ料理が出ることが多いです。

これは、チーズに二日酔いを抑える働きがあるからです。

 

あっ!

少し書きすぎました!

次回もこんな話を紹介していきます。

関連記事一覧