プロフェッショナルに紹介された家政婦さんの本より抜粋したフランス料理

コラム

皆さんこんにちは!

ランデブーです!

 

NHKで放送されている「プロフェッショナル仕事の流儀」

この番組で紹介された家政婦の「志麻さん」という方が注目を集めています。

志麻さんは、家政婦としては異例の料理エッセイ本を出版しました。

評判が評判を呼んで増版が決定しているそうです。

 

その料理エッセイ本の中には、3時間で15品を作ったというエピソードもあるとか?

ぜひ興味のある方は書店でお買い求めください。

 

さて、今回はそんな宣伝ではなく志麻さんの本で紹介されている「ゆで鶏のシュープレームソース」というレシピに注目!

 

シュープレームとは、某中国人に大人気のファッションブランドではなく、「最高の」という意味があります。

つまり、ゆでた鶏に最高のソースがかかった料理というわけです。

 

最高のソースは人それぞれ!と言ってどんなソースでも良いというわけではありません。

基本的にはクリームソースです。

でも、このソースを自分好みにアレンジするのがフランス料理の醍醐味。

生クリームを入れても良いし、入れなくても良い。

ゆで鶏はブイヨンで煮込むためうっすらと味がついています。

これだけでも美味しいのに、クリームソースをかけると全く違う料理のように美味しく感じてしまいます。

みなさんもぜひご賞味あれ!

関連記事一覧